早く辞めたからと言って焦る必要は一切ない

第2震度つだからと言って焦る必要は一切ない

 


新卒入社した会社を2年で退職しました。

 

退職の理由は自分のスキルアップでした。

 

上司に退職の相談をして、話し合いの結果もう少しこの会社で頑張ろうと思っていたのですが、後日「後任が決まったから辞めていい」と言われました。

 

退職せざるえない環境になってしまい転職活動を行いました。

 

転職活動をやり始めた時は気持ちに余裕がありませんでした。

 

退職の時期も指定されていたので、「それまでに決めなきゃ」という焦りが強かったです。

 

そして、第二新卒の転職。会社の在籍期間が短いのに雇ってくれるところはあるのだろうかと不安でした。

 

ところが、いざ転職活動を行うとトントン拍子で進みました。

 

第二新卒なので「なんでこんな短い期間で辞めたの?」と聞かれましたが、「今まで自分がやってきた仕事」「それを通してもっと挑戦してみたいこと」

 

それを伝えたら、あっさりと内定をいただくことができました。

 

第二新卒だからと言って不安になる必要はありません。

 

選考を受ける会社に「挑戦する気持ち」を伝えることができれば、例え勤務期間が短くても受け入れてくれます。

 

現在は新しい職場で働いています。

 

正直、環境が変わる不安はありましたが、人に恵まれた環境で転職してよかったなと思っています。